このホームページは移転いたしました

 

このホームページは以下のURLに移転いたしました.
https://jsrr.smoosy.atlas.jp/ja/
お気に入り(ブックマーク)に登録されている方は変更を
お願いいたします.
☞ クリックお願いします

日本腎臓リハビリテーション学会

The Japanese Society of Renal Rehabilitation

 Renal rehabilitation is coordinated, multifaceted interventions designed to optimize a renal patient’s physical, psychological, and social functioning, in addition to stabilizing, slowing, or even reversing the progression of renal deterioration, thereby reducing morbidity and mortality. RR includes five major components; such as exercise training, diet & fluid management, medication & medical surveillance, education, psychological & vocational counseling.

  The Japanese Society of Renal Rehabilitation promotes the progress and disseminate of the knowledge of renal rehabilitation through the presentation of papers on theoretical studies of nephrology, comprehensive rehabilitation and its practical applications, exchange of knowledge, encouragement of continuing education for members, enhancement of mutual coordination and cooperation of members and also related domestic and foreign societies. Through the promotion of these activities, the society aims to contribute to the development of renal rehabilitation. 

 

 

<Overview>

Establishment

2011

Corporate status

Authorized as Corporation by the Ministry of Education,

Culture, Sports, Science and Technology in 2011

Chair,

board of Regents

Kunihiro Yamagata, M.D. Ph.D.,

University of Tsukuba Department of Nephrology

Number of Members

1644 members, 99 facilities (as of Feb 2020)

 

 

Activities

1. Scientific Meeting

  a. Annual Scientific Meeting

2. Publication

  a. Newsletter of the Japanese society of Renal Rehabilitation (yearly, in Japanese)

3. Research and Investigation

4. Encouragement of Research/ Award for Medical Achievements

   Young Investigator’s Award of the Japanese Society of Renal Rehabilitation (Awarded to an oral

   presentation at the annual scientific meeting who is under the age of forty)

5. Board of Medical Specialties System

6. Continuing Medical Education

7. Coordination and Cooperation with Related Academic Organizations

8. Promotion of International Research and Cooperation

9. Projects designed to achieve our aim 


会員管理システム導入のご案内

 当学会では、更なる会員サービスの向上のため、20224月より会員管理システムSMOOSYを導入いたします。これにより新たに会員マイページが利用可能となりますので、会員マイページでできることと初回ログイン方法をご案内いたします。全ての会員に行っていただく作業になりますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

会員マイページでできること 

ご自身の登録情報の閲覧、変更
会費納付状況の照会
会費のオンライン決済手続き
会費の請求書、領収書PDFのダウンロード

I.会員マイページ ログイン方法

1.会員マイページ ログインボックス下部の 【初めてログインする方はこちら】 をクリックし、会員情報として事務局が管理しているメールアドレスか会員番号を入力して 【送信】 ボタンをクリックします。

2.メールアドレス宛に 【パスワード設定URLのお知らせ】 が送信されますので、リンクをクリックしてパスワードを入力し 【登録】 ボタンをクリックします。

3.完了画面が表示されたら 【会員の方はこちら】 ボタンをクリックして会員マイページにログインします。

パスワード設定のメールが届かない場合は、SMOOSYよくあるお問い合わせページをご参照ください。また、登録されているメールアドレスが分からない場合は、事務局お問合せください。

II.登録情報確認・更新方法

会員マイページ ログイン後、トップページ下部の 【会員情報変更】 ボタンをクリックし、登録されている会員情報に誤りがないか必ずご確認ください情報が最新でない場合は、最新のものに変更をお願いいたします。

性別、職種など空欄の項目につきましては、これらの項目については、新規にご入力ください。なお「必須」項目以外は、入力不要です。

2021年度の会員名簿は、SMOOSY上の登録情報をもとに作成いたします。名簿作成のため、登録情報の更新は5月末までにお願いいたします。

III.メールアドレス申請のお願い

ご入会後にメールアドレスが変更になった方で事務局に変更届を出されていない方やこれまで未登録だった方は、事務局までお知らせください。

IV.オンライン決済への移行のお願い

新たな会員管理システム導入に伴い、オンライン決済を導入しました。
事務局作業負担軽減のため、出来るかぎりオンライン決済にてご対応いただけますよう、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

V.個人情報の保護

登録頂いた個人情報は、個人情報保護法に従い適切に管理します。発送、会費、会員名簿の作成、学会編集、大会企画などの学会業務、以外に利用することはありません。

問い合わせ先

日本腎臓リハビリテーション学会 事務局E-mailkanri@jsrrtsukuba.com

会員管理システム導入Q&A

ダウンロード
会員管理システム導入Q&A
会員管理システム導入のご案内Q&A.pdf
PDFファイル 120.9 KB

3回日本腎臓リハビリテーション指導士試験 延期のお知らせ  

                                      第3報 

 

2022年3月29日                       一般社団法人 日本腎臓リハビリテーション学会

    副理事長・指導士認定制度委員会委員長

                 松永 篤彦

 

 

 延期しておりました第3回腎臓リハビリテーション指導士試験ですが、下記の通りに実施することとなりましたのでお知らせいたします。 

 

【日時】2022917日(土) 午後

【方法】CBTComputer Based Testing:コンピュータによる会場型試験)

 

 

CBT参考ホームページ: https://jpsk.jp/articles/cbtguide.html

 

なお、具体的な受験方法(開始時間・試験会場など)および講習会の受講方法については、追ってご連絡させていただきます。

 


3回日本腎臓リハビリテーション指導士試験 延期のお知らせ 

                                     第2報 

 

2022年2月4日                        一般社団法人 日本腎臓リハビリテーション学会

    副理事長・指導士認定制度委員会委員長

                 松永 篤彦

 

 今般の感染症拡大の影響から,第3回日本腎臓リハビリテーション指導士試験を9月に延期することとなりました.詳しい内容が決定しましたら,随時HPにて連絡いたします. 

なお、講習会と指導士試験の実施方法は、対面ならびに現地での実施予定ですが、状況によっては、遠隔操作(リアルタイム講義)で実施する場合があります.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

3回日本腎臓リハビリテーション指導士試験 延期のお知らせ 

                                      第1 

20221月25日                       一般社団法人 日本腎臓リハビリテーション学会

    副理事長・指導士認定制度委員会委員長

                 松永 篤彦

 

 第3回日本腎臓リハビリテーション指導士試験は、新型コロナウイルス感染症まん延防止の観点から

325日(金)午後の講習会と327日(日)午後の資格認定試験を延期することとなりました。

2022年夏頃に講習会、資格認定試験の開催を予定しております。

日時、場所など、詳細が決まりましたらまたご連絡いたします。

なお、今回延期する講習会、資格認定試験の受験対象者は、

3回試験へ出願し、提出書類、症例要約や学会発表などで受験資格を有する受験生のみとなります。 

受験資格を有する受験生には個別にメールで通知いたします。

 

 


日本腎臓リハビリテーション学会誌(The Japanese Journal of Renal Rehabilitation)(和文誌)

発刊のお知らせ
日本リハビリテーション学会誌(和文誌)創刊号(11号) 20221月発刊いたしました

 

投稿規定はこちらをご覧ください。 → 投稿規定

  

雑誌、編集委員長 松永篤彦

 


関節可動域表示ならびに測定法改訂について(2022年4月改訂)

 このたび、日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会および日本 足の外科学会より、関節可動域表示ならびに測定法改訂についての20224 月改訂についての周知依頼がありました。このたび改訂された関節可動域表示ならびに測定法が、臨床などにおける評価、医学教育、医学論文や各種診断書をはじめとした公的な文書の記載などにお いて、広く活用されることが望まれるとのことで、御確認、周知お願い致します。また10月15日付で修正版を新しく更新いたします。

ダウンロード
関節可動域改訂20211015.pdf
PDFファイル 6.8 MB

日本心臓リハビリテーション学会との共同ステートメントについて

 当学会は、先般、日本心臓リハビリテーション学会と共同で、「骨格筋量低値患者または運動療法実施患者における推定糸球体濾過量(eGFR)による腎機能評価」に関するステートメントを策定して参りましたが、7月に理事・監事の信任で決定し、日本腎臓リハビリテーション学会ホームページ:https://jsrr.jimdo.com/心臓リハビリテーション学会とのステートメント/にアップ致しました。

お知らせとお願い

当学会では、会員の方々にご登録いただいておりますメールアドレスを通じて、ご連絡をさせていただくこととなりました。つきましては、既にご登録済みのメールアドレスを変更なさりたい方、ご連絡先を変更なさる方には下記メールアドレスにご連絡いただきたく存じます。

メールアドレス: kanri@jsrrtsukuba.com